VF用のバリウムゼリー


皆様の病院でVF検査を行う際に、バリウム入りのゼリーはどのように作られていますか?

私の職場では、バリウムが入ることによるゼリーの物性の変化が課題でした(バリウムが入ることでバリウムの入らない通常のレシピ通りに作っていてはゼリー化しないのです)

試作してうまく固まったものを紹介します。バリウムはバリトップHDを使用しました。

クイックゼリー(㈱三和科学研究所)

 

  • 水(40度以下)70ml
  • バリウム(バリトップHD)30g
  • クイックゼリー1袋(10g)

 作り方

  1. 器にクイックゼリー1袋とバリウムを入れ、よく混ぜる。
  2. 1に水40mlを加え、すぐに30秒ほどかき混ぜ、その後5分程度静置させる。

 その名の通り、ゼリー化するまでにあまり時間がかからないので、便利で良いと思います。

 

ソフティアG(ニュートリー㈱)

  • お湯(85度以上)50ml
  • バリウム(バリトップHD)15g
  • ソフティアGスティック1袋(1.5g)

 作り方

  1. 器にソフティアG1袋(1.5g)とバリウムを入れ、よく混ぜる。
  2. 1に85度以上の湯50mlを加え、すぐに15秒ほどかき混ぜ、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固める。(ソフティアGは40度以下でゼリー化する)

こちらは、冷やす手間、ゼリー化までに時間がかかるためあまりお勧めではありませんが、参考までに掲載します。

 

試作した感想は、摂食嚥下リハ学会で推奨している濃いバリウム濃度のゼリーを作るためには、かなり水分を減らさないと固まらないようです。上記の水分よりも多いと、ゼリー化しませんでした。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。