私が大好きだったおやつをやめられたワケ



f:id:yuu-chan3:20160412191153j:image

皆さん(特に女性)は、チョコやクッキー、菓子パン、甘いゼリーなどなど、

お好きでしょうか?

私は大好きでした!

 

管理栄養士として働きだしてからも、仕事で疲れた日や、

頑張ったご褒美にと、何かと理由をつけて食べていました。

また、時に、無性に暴食したくなるときがあり、

朝だろうと、夜だろうと、パンや、クッキーひと箱など平らげたりしていました。

ただ、そのあとに待っているのは、後悔・罪悪感だけでした。。。

ストレス発散で食べているはずなのに、むしろ、食べてしまった後悔で

さらにストレスをためるという悪循環…

知識はあっても、心・脳が追い付かず、自分の食事をコントロールできていませんでした。

(普段は、野菜を毎食、肉より魚が多め、ご飯は雑穀で茶碗1杯などと、注意していたので、すごく太るとかはありませんでしたが、ニキビができやすかったり、イライラしてしまったり)

 

そこで、いろんな本を読みあさり、知識も大事だけど、考え方を変えることこそが大事だと気付きました。知識は後からついてきます。

 

まず、「食べることを楽しむことが大事」ということです!

食べた後に罪悪感を持ったり、後悔するなんて、食べ物にも失礼だし、自分も楽しくない!

 

自分を否定するのではなく、認めて、頑張っているところはほめてあげることにしました。(私の場合は、自炊をほぼ毎日してる。甘い飲み物は飲まない。などです)このとき、マイナス面は横に置いておく。

 

おやつや、自分の好きなものを食べても大丈夫だよ、と自分に言ってあげました。

そして、何かをマイナスにするのではなく、体に良いもの(旬の野菜や、こだわった調味料で料理するなど)をプラスしていくことから始めました!

そして、箸置きを使ってみたり、マグカップにこだわってみたり、とにかく、食べることをポジティブにとらえました。(食べることに集中する・大事にする)

 

すると、野菜をたくさん摂っていることで、噛む回数も多くなり、食事の満足度がup!

間食をほしいと思わないほどに。

空腹感や苦痛なく、1日が過ぎていきます。(肌の調子も良いです)

今ではイベントのときにのみ甘いものを食べます。(食べなくても平気になりました)

 

たいていの場合は、ダイエットしたいと考える場合、マイナス(おやつをやめる、お酒を控えるなど)から始められるのではないでしょうか?この場合、ダイエットが苦痛になってしまい、さらに食べてしまったり、長続きしにくいです。

 

ダイエットをする場合は、プラスのことから始められると長続きしやすいのではないでしょうか。

 

メタボのお医者さんもいますし、管理栄養士だからといって、毎食カロリー計算をして体によい食事をしているわけではありません。飲み会やクリスマスなどのイベントでは楽しむことを第一に考えます。だって、食事は大事な交流の場でもありますから。

ただ、その飲み会やイベントをおっもいっきり楽しむためには、その前後で調整すればよいのです。この調整ができると、罪悪感など感じず、楽しむことができます。

 

自分がどうなりたいか?というイメージが大事です。

(あと○kg体重を減らして、かっこいいパパになりたい。ウエストをあと○cm細くしてかわいい服を着たい。など理由はさまざまでしょう)