チアシードで食べ過ぎ防止☆


先日、間食をやめましたという話をしましたが、

間食しないかわりに、ご飯などを食べ過ぎたら、太る・体重が減らないことになります。

私は、今の体重よりも3kg減らしたいと考えていますので、体重が減らないと困ります。

でも、我慢する・制限するダイエットは嫌だ!!

ということで、最近話題のスーパーフード「チアシード」を試してみました。

チアシードって?

 

  

     ↓

チアシードは、主にメキシコなど中南米栽培されている果実の種で様々な栄養素を豊富に含んだスーパーフード。水分を含むと10倍にも膨らみます。調理は不要で、スムージー、ヨーグルト、サラダなどに混ぜるだけで手軽に栄養摂取ができます。 

1日当たりの目安量は、乾燥した状態で大さじ1杯(12g)です。

これを5倍ほどの量の水を加えて冷蔵庫で1時間ほどおいておくと、そのまま飲み物などに混ぜて摂れます。

大さじ1杯あたりの栄養成分は、

  • エネルギー:55.8kcal
  • たんぱく質:2.0g
  • 脂質:4.1g
  • 糖質:0.7g
  • 食物繊維:3.8g(納豆1パックと同じくらいの繊維量)
  • カルシウム:80㎎
  • 鉄:0.8㎎
  • オメガ3脂肪酸(α-リノレン酸):2.3g
  • オメガ6脂肪酸:0.7g
  • オメガ9脂肪酸:0.2g

食物繊維

きのこや大麦にも含まれるβグルカンという水溶性食物繊維で、血糖値の上昇を緩やかにする、腸内の有害物質を排出する、腸内の善玉菌を増やすなどの作用があります。

<αリノレン酸

心疾患、アレルギー予防の効果があります。体内でDHAEPAIPA)を合成します。

オメガ3脂肪酸は不足しがちな栄養素なので意識してとる必要があります。

 

私の活用法

 わたしは、こちらのチアシードを少しけちって、小さじ1杯をタンブラーに入れ、水を300ml位入れて、持ち歩き、1日かけて、こまめに飲むようにしています。

今、ご飯の量を以前の半分程度に減らしていますが、①野菜を毎食たっぷり食べる、②一口20~30回噛む、と、③チアシード入りの水を飲むことを続けています。

血糖値を上昇する糖質を減らし摂取エネルギー量はへっていますが、1日を通して食う極端な空腹感は感じず、程よい空腹感でより食事が美味しく感じられています!

 無理せずにダイエットをするってこういうことなんだと、しみじみ感じています。

 

チアシード大さじ1杯と、クッキー1枚のエネルギーは同じくらいです。

クッキー1枚を食べると、もっとほしいとなり、結果的に1枚で終わらせられません!

それなら、チアシードを大さじ1杯まで長時間かけてとった方が、満足度は高いのでおすすめです。