太らない、体に優しいジュースの選び方。安いジュースには裏がある


フルーツジュースおいしいですよね。

私も大学生のころトロピカーナにお世話になっていました。

 

 

昔は朝起きるのがつらくて、朝ごはんを食べず空腹で大学へ行く途中に駅のコンビニでトロピカーナなど100%ジュースを朝食がわりに飲んでいました。

砂糖入りのジュースは体に良くないけど100%ジュースなら大丈夫だろうと思っていたのです。

 

 しかし!100%ジュースといっても2種類あったのです。

 

 

 

実は太る。安い「濃縮還元」フルーツジュース

 

スーパーやコンビニなどでよくみかけるフルーツジュースや野菜ジュースにはほとんど

「濃縮還元」

と書かれていると思います。

 

濃縮還元とは?

フルーツや野菜のしぼり汁を、水分を飛ばし、ペースト状にしたものを、再び水分を加えてジュースにしたものです。

 

例えば、海外から野菜や果物を輸送したり、絞り汁をそのまま輸送すると、その体積、重さの分だけお金がかかります。

そこで、加熱をして水分を飛ばし、体積を減らすことで輸送コストを下げています。

 

濃縮還元ジュースの栄養は?

濃縮還元をする際に、熱を加えます。

したがって、熱に弱いビタミンや酵素は失われてしまいます

また、食物繊維も口当たりをよくするために取り除かれてしまいます。

家で手作り野菜、果物ジュースを作ると、どろっとしていますよね?

でも、濃縮還元のジュースはさらっと飲みやすくなっています。

これだけでも、濃縮還元のジュースと手作りジュースが違うものであるということがイメージできると思います。

 

香りも飛んでしまので、「香料」がプラスされています。

 

濃縮還元ジュースはなぜ安いのか?

例えば、コンビニなどで売られている〇ヤリースなど紙パック入りの250mlもので、一つ100円くらいで売られています。

 

グレープフルーツジュースでみたとき、外国産のグレープフルーツで1個200円ほど。1個で絞ることができる量を160mlとすると、250mlの100%ジュースを作るのに、グレープフルーツが1個と半分は必要です。

原材料の価格が300円ほどの計算になります。(もちろん仕入れ価格と小売り価格は違うと思いますが参考までに)

容器代や加工にかかる費用、輸送コストなどを考えると、1パック100円程度で販売できるジュースの原価は相当安いです。

 

原料価格を抑えるために、国産のものではなく、アメリカや中国などで収穫されたものが使われていると思われます。さらに、安く大量に収穫するために農薬や化学肥料の使用、遺伝子組み換え など懸念されます。

 

安いジュースの裏には

・原料の産地

・農薬や化学肥料、遺伝子組み換え

などが隠れています。

 

 

安心「ストレート」フルーツジュース

 

 ストレートジュースとは?

名前の通り、絞った果汁を殺菌処理したものです。

濃縮還元と比べると、シンプルな作り方です。

 

「ストレートジュースのほうがおいしい」…なにが違うの? | 味博士の研究所

によると、濃縮還元とストレートジュースを比べると、ストレートジュースのほうがコクがあったそうです。

 

飲むなら、味の点でも体のためにも「ストレート」がおすすめ

 

原料にこだわった有機(オーガニック)のものが安心。

 

有機(オーガニック)のりんごのストレートジュース。1本およそ1000円です。
250mlの少量サイズもあります。

 

有機(オーガニック)のオレンジを搾ったストレートジュース。
フランス産で1本およそ1300円です。

 

国内産温州みかんをそのまま搾った果汁100%のストレートジュース。
1本あたりおよそ70円くらいです。

 

 

私の一押し

↓ ↓ ↓

 

製造は長野県の会社です。
1本250mlの飲みきりサイズなので、寝坊して朝ごはんが食べれない朝や、外出をしてのんびり休憩する時間がないときの間食として家においてあります。

1本300円ほどで、安い濃縮還元ジュースの3倍近くしますが、

カフェでコーヒーやジュースを注文したら、1杯400~500円くらいはしますよね?そう考えると、健康のことを思えばそこまで高くないと私は思います。 

プレゼントなどにもいいですね。