生理前の頭痛やお腹痛にはどう対応する?


女性の皆さん、月に一度やってくる生理。

生理痛や生理前の症状につらい思いをしている人も多いのではないでしょうか。

 

そういう私も、症状が重いほうで、生理前日には、朝起きるのがつらいことがしばしばありました。時には仕事に行けないくらいつらいことも。

 

しかし、仕事を休むと職場の方にも申し訳ないし、なによりも自分自身がつらいので、

毎月やってくる生理が嫌で嫌でしょうがありませんでした。

 

しかし、次の方法を実践し、生理前の症状が大分軽くなりました。

 

スポンサーリンク
 
 

 

生理(月経)が起こる仕組みは

 生理のリズムに関わる女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。

この二つのホルモンの働きによって、卵子を包んでいる卵胞が大きくなって排卵し、

子宮内膜には受精卵を生育させるためのベッドが準備されます。

 

妊娠しなかったときは、不要になった子宮内膜ははがれ落ち、血とともに排出されます。

これが生理(月経)です。

 

生理(月経)に関わる女性ホルモン

エストロゲン(卵胞ホルモン) 

子宮内膜の増殖や子宮の発育に関わる(妊娠の準備をする)。

コラーゲンの産生を促し、女性らしい体を作ります。

また、自律神経を安定させ、血管、骨、関節、脳などを健康に保ち、髪の毛や肌の新陳代謝を促します。

 

食欲を抑える効果もあります。


一生に分泌される女性ホルモンはたったのスプーン1杯ほどしかないといわれています。


そのためストレスやちょとした環境の変化などでホルモンバランスが崩れると

身体や精神に影響しやすいのです。


※ただし、エストロゲンが過剰になると、乳がんや子宮体がんのリスクが増加してしまいます。

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)

エストロゲンにより厚くなった子宮内膜を柔らかく、ふかふかにして妊娠の成立を促す。

皮脂の分泌量を増加させる働きがあります。毛穴に皮脂がたまりやすくなり、ニキビや肌荒れの原因となります。

プロゲステロンが増加する排卵後~生理前はニキビができやすくなります。


対策は洗顔をしっかりし、油っぽい食べ物は控えるようにします。
寝具は清潔に保ち、髪の毛が顔にかからないようにまとめるなどします。


生理後は、プロゲステロンの急激な減少で肌が乾燥しやすくなりますので、保湿をしっかりしましょう。

妊娠したときに、子宮内膜を柔らかく、ふかふかの状態を維持するために水分や栄養素をため込む性質があり、生理前のむくみの原因です。

 

 

 

スポンサーリンク
 
 
 

 PMS(生理前症候群)とは?

日本産婦人科学会によると、

 

「月経前3~10日の間続く
精神的あるいは身体的症状で,月経発来とともに減退ないし消失するもの.」

 

とされています。


ある調査で女性の90%以上が経験しているそうです。
PMSが起こる原因ははっきりとはわかっていないのです。

 

PMS(生理前症候群)の症状は?

身体の症状


乳房が張って痛い、 胃や下腹部の痛み、 吐き気、 下痢・便秘、 

身体が重くだるい、 腰痛、肩こり、 冷え性、頭痛、

手足のむくみ、 ひどい眠気または睡眠リズムの崩れ、

のぼせやめまい、 肌荒れ、 ニキビ

 

心の症状


イライラ、 不安が膨らむ、 集中力低下、 

うっかりミスが増える、 やる気、

意欲の低下、性欲の増進または減退

 

下腹部の痛み

f:id:yuu-chan3:20170209202031j:plain

 

最も一般的な症状。

プロスタグランジンというホルモンが分泌されることにより子宮が過剰に収縮するのが原因と言われています。


症状の緩和には、ビタミンB6マグネシウムが効果的です。(子宮の収縮を弱めるため)


また、血の巡りをよくするために、オメガ3のアブラ DHAやEPAを摂るのもよいです。

 

 

頭痛

f:id:yuu-chan3:20170209202103j:plain


脳血管が拡張することで起こります。(月経関連偏頭痛)


マグネシウムビタミンB2に偏頭痛を予防する働きがあります。


また、片頭痛はエストロゲンゲンの急激な減少で起こりやすいといわれています。

これは排卵日や生理中の頭痛の原因と考えられます。


女性ホルモンを活性化させる働きがある亜鉛(Zn)やビタミンB6を摂るとよいです。
まぐろ、さんま、いわし、かき、レバーに多く含まれます。

 

 

 

スポンサーリンク
 
 
 

 

PMS(生理前症候群)の症状を緩和する栄養素

ビタミンB6

タンパク質や脂質の代謝に関与。

幸せホルモンのセロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質の合成に必要です。

子宮の収縮を弱め、女性ホルモンであるエストロゲンの代謝にも関与します。

子宮の過剰な収縮による下腹部痛を弱める働きがあります。


ビタミンB6を多く含む食品:

 

さんま、カツオ、豚ひれ肉、鶏ささみ、バナナ

 

おすすめは、手軽に包丁いらずで食べることができるバナナです。

 

f:id:yuu-chan3:20170209202804j:plain

 

 

 

マグネシウム


体内では酵素の補助因子として、エネルギー代謝など300種類以上の酵素反応に関わります。

子宮の収縮を弱め、エストロゲンの代謝にも関与します。

子宮の過剰な収縮による下腹部痛を弱める働きがあります。

片頭痛を予防する働きもあります。


※アルコールの摂取で尿の中に出てしまうので、PMSの症状を軽くしたいなら生理前はお酒は飲まない方がよいでしょう。

※カップ麺やスナック菓子などの加工食品にはマグネシウムの吸収を妨げる作用があるので、普段から加工食品を食べている場合、気を付けましょう。

 

マグネシウムを多く含む食品:

大豆、アーモンド、ひじき

 

お勧めは、手軽に食べることができるアーモンドです。

 

 

身体を冷やさないことも大事

 食べるものも工夫が必要ですが、まず実践すべきは、

「冷やさない」

ただこれだけです。

 

〇寝るとき以外は、靴下をはく(廊下やフローリングは必ずスリッパをはく)

〇ファッションも大事だけど、身体が冷えない恰好で出かける。

〇特に夏場は冷房で体が冷えやすいので、羽織るものやショールなどで調整できるようにしましょう

 

そして、

〇ナプキンは布ナプキンを使う です

 

こちらは生理中の対策ですが、使い捨てナプキンから布ナプキンに変えて以来、

全身のだるさが軽減されました。

 

 わたしはこちらの布ナプキンを使っています。

 

 ここSunny Daysの社長さんと同じく、私も「布ナプキン?」

「え?ナプキンをわざわざ洗うの?」「めんどくさいし、使い捨てでいいんじゃないの?」

と思っていました。

しかし、生理痛の軽減によいとネットでみつけ、通常の半額ほどで購入できるデビューセットから買いました。

布ナプキンて、服が買えるくらい高いと思っていたので、安く試せるならと思い、こちらで買うことに。

最初は外出先で使用するのは不安だったので家の中だけで使用し始めました。

すると、ムレるとか、臭いとかいつものイヤーな感覚がなく、まるでなにもつけてないようでした。

 

生理痛に苦しんでいる人には、本当におすすめです。