血液データ 中性脂肪 コレステロール


中性脂肪

中性脂肪が高いと指摘された方、それがどのような影響があるか想像がつくでしょうか?

ほどんのの方は痛みなどの自覚症状がないため、ピンとこないかもしれません。

 

中性脂肪が高いと、冠動脈疾患の原因になります。 冠動脈とは、心臓に血液を送る重要な血管で、冠動脈疾患は、冠動脈が詰まり、心臓に血液が送れない病気です。

 

中性脂肪を高める原因には

・太っている

・食べる量が多い

・間食が多い

・夜の食事時間が遅い

・脂っこいものが好き

・炭水化物をたくさん食べる

・果物をよく食べる

・魚が嫌い

・お酒をよく飲む

・運動不足 があります。

 

いくつ当てはまるのでしょうか。

 

中性脂肪が高い場合はこれらを見直すことで、データが良くなります。 中性脂肪の基準値は、150mg/dl未満で、これ以上だと高いです。 炭水化物をたくさん食べる、という項目があることに驚かれた方もいるかもしれません。 炭水化物をたくさん食べると、血糖値も上がります。しかし、体に糖をたくさん溜め込むことができないため、過剰な糖は、エネルギーの高い脂肪として溜め込みます。

 

 

コレステロール

コレステロールも、中性脂肪と同様に、イメージできにくいと思います。 コレステロールとは、血液中の脂肪のことです。 HDLコレステロール⇒全身の余分なコレステロールを回収し、肝臓に運びます LDLコレステロール⇒肝臓から全身へコレステロールを運びます このHDLとLDLのバランスが崩れると、脂質異常症(旧:高脂血症)となり、血管が硬くなる動脈硬化症になりやすいです。(コレステロールは、体には必要なもので、決して悪者ではありません) 次のような方は、脂質異常症になりやすいです

家族に脂質異常症や動脈硬化のひとがいる

・血圧が高い

・お酒を良く飲む

・痛風である(尿酸値が高い)

・女性で、閉経している

・太っている

・日常生活であまり歩かない

・脂っこいものが好き

・糖尿病と言われた(血糖値が高い)

・甘い物や乳脂肪の多いもの(生クリームや洋菓子)、果物が好き

 

 

いかがでしょうか? LDLコレステロールが高いと指摘された方は、あてはまる項目を改善することで、基準値に近づけることができます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。