糖尿病があると、認知症に2倍以上なりやすい!


糖尿病があると、ない場合に比べ、

アルツハイマー認知症には、2.2倍

脳血管性認知症には、2.8倍

なりやすいです!!

すごく高いと思いませんか?

認知症になると、本人はもちろん、周囲の人 (特に家族) も大変です。

症状は、様々ですが、

自分が誰かを忘れる、

自分の家族を忘れる、

ごはんを食べたことを忘れる、

食事を認識できず、

ごはんを食べない、

尿意がわからない

など、生活が180度かわります。

認知症になっても良いという人はいないと思います。

「ぴんぴんころり」と言われるように、死ぬまで元気に生活をしたいですよね?

私は、死ぬまで、自分で料理をしたり、トイレで排泄をしたり、したいです。

また、自分ひとりでは生活が難しい場合は、

今は介護保険を使って、訪問入浴、訪問ヘルパー、訪問看護、往診、デイサービスなど

たくさんの様々なサービスを受けることができます。

しかし、今の若い人が高齢になって、介護が必要な場合、今と同じようなサービスが受けられるとは限りません。

予防が可能なことは、予防するに越したことはありません。

自分の健康を守れるのは自分だけです。

最後までぴんぴん生きましょう!!!

最後までお読み頂きありがとうございました。

bouquet-1463562_640.jpg