タバコがやめられないならビタミンCを補給しましょう


 

 

 

 こちらの記事のつづきです。

www.yuu-chan0.net

 

 

たばこ.jpg

 

平成27年度国民健康栄養調査によると、習慣的にタバコを吸う人は、成人の18.2%であり、男女別にみると、男性 30.1%、女性7.9%だそうです。 喫煙者の割合は年々減少傾向にありますが、まだまだ多いのが現状です。 しかもタバコは、「百害あって一利なし」で健康・経済的にも有害です。

 

 

タバコの煙に含まれるものは?

 

タバコには4000種類以上の化学物質、200種類以上の発がん物質が含まれます。 その中でもニコチン・タール・一酸化炭素が3大有害物質です!!

ニコチン

麻薬並みの依存、血管を収縮させる

タール

様々な発がん物質を含む総称。活性酸素を作り、ビタミンC,ビタミンEを破壊してしまう。発がん作用

一酸化炭素

酸素不足による運動能力低下、老化を促進

※たばこが燃えると、ダイオキシンが発生。これは化学工場焼却炉廃棄煙より10-200倍も高いです。

 

 

スポンサーリンク

 

副煙流には、危険がいっぱい!

 

主煙流に対し、副煙流には、

 ニコチン2.6-3.3倍

 タール2.5-100倍

 一酸化炭素2.5-4.7倍

 アンモニア40-170倍

 ホルムアルデヒド0.1-50倍

 ベンゼン5-10倍

 ポロニウム(ロシア諜報員殺害に使用)1-4倍

 

アンモニアは、刺激物に苦手な喘息の人が苦しむ原因です。 こどもの喘息悪化の70%は親のタバコが原因です。 また、ニコチンは口の中がアルカリ性でないと体内に入りません。 アンモニアはアルカリ性です。

 

スポンサーリンク

 

タバコをやめないと、病気のリスクが高まる

 

タバコは肺がん以外にも怖い病気がたくさんあります。 以下、すべてタバコに関連する病気です

●がん(口腔がん、舌がん、喉頭がん、肺がん、食道がん、膀胱がん、すい臓がん、肝臓がん、胃がん、乳がん、子宮がん、白血病、腎臓がん、など) ●慢性閉塞性肺疾患(COPD)、喘息、肺好酸球性肉芽腫症 ●高血圧症、狭心症、心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症 ●脳こうそく、認知症、アルツハイマー病、クモ膜下出血、 ●歯周病、白板症、口腔内カンジダ症、むし歯 ●胃十二指腸潰瘍、慢性胃炎、逆流性食道炎、慢性膵炎 ●糖尿病性腎症、骨粗しょう症、勃起不全、不妊症、子宮外妊娠、早産、流産、周産期死亡、低出生体重児、前置胎盤、乳幼児突然死症候群、口蓋裂、唇裂 ●しみ、しわ、白内障 ●メタボリックシンドローム

 

もっとも怖いのは、慢性閉塞性肺疾患(COPD)!

COPDになると、

 根本的治療がない

 医療費がかかる(年金の大半が医療費に消える)

 将来、在宅酸素療法は自己払い?

 酸素濃縮器の電気代は自己負担 在宅酸素療法を受けている70%はCOPDが原因です。

在宅酸素療法を受けると、1か月に9万円必要です。 COPDでは、横隔膜が下がって肺が縦に大きく広がり、心臓が小さく、肺の血管が細くなるため肺野が黒くなります。

→吸った空気が出ないで、過膨張します。 COPDになると、体がしんどいだけでなく、金銭的負担も大きいです。

 

タバコは本当に、”百害あって一利なし”です!

 

タバコを吸うと、ビタミンCが破壊される

 

タバコを吸うことで、ニコチンなどの有害物質がたくさん体内に送り込まれ、それを攻撃するためにたくさんの活性酸素が発生します。その活性酸素と戦うために必要なのが抗酸化作用のあるビタミンCです。

タバコ1本を吸うと、ビタミンCがなんと、25mgも消費されてしまいます。

一般成人のビタミンCの必要量は1日100mgです。 タバコ4本を吸うと1日の必要量が使われてしまいます。

 

ビタミンCは体内でとっても重要な役目があります。

・強い抗酸化作用で、活性酸素を除去。老化やがんを引き起すとされる過酸化脂質の生成を抑制

・血液中のLDLコレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化など生活習慣病を予防

・ストレスに対応するホルモンの合成に関与

・コラーゲンの合成に必須 ・免疫力の維持

・シミのもとになるメラニン色素の生成を抑え、美肌を保つ ・鉄分の吸収をよくし、貧血予防

 

ビタミンCの多い食べ物には、

赤ピーマン 1/2個(75g) 128mg 菜の花 50g 65mg ブロッコリー50g 60g 柿1個(180g) 126mg グレープフルーツ1/2個(150g) 54mg いちご5粒(80g) 50mg などがあります。

 

  paprika-1589670_640.jpg

 

食べ物でビタミンCを補うことができれば良いですが、ビタミンCは体内に貯めておくことができないので、毎食の食事で摂る必要があります。(余ったビタミンCはおしっことして、排出されてしまいます。ですから、ビタミンCの過剰症の心配はありません。) タバコを吸う人であれば、とくにタバコを吸うごとにビタミンCを摂る必要があります。 また、副流煙にも有害物質がたくさんふくまれますので、身近にタバコを吸う人がいる場合もビタミンCの積極的な補給が必要です。

食事からとるのが難しい場合は、手軽にビタミンCを補給できるサプリメントをおすすめします。

 

 

こちらは、1粒あたりビタミンCが500mg含まれます。タバコ1本でビタミンC25mg消費されるといわれていますので、1日20本のタバコを吸う人におすすめです。 1粒(ビタミンC500mg)あたり、約3.8円です。 また、ディアナチュラスタイル ビタミンC 60日分 120粒【楽天24】[ディアナチュラ 栄養機能食品(ビタミンB2)]は、1粒(ビタミンC 525㎎)あたり約3.3円と上記より若干安いです。

 

 

1日に20本以上喫煙する人で、サプリメントを1日粒にしたい方は、こちらがおすすめ。

 

これは1粒でビタミンC1000mg摂ることができます。 タバコ1本で消費されるビタミンCを25mgとした場合、1日40本吸うひとにぴったりです。 1粒(ビタミンC1000mg)あたり、約9円です。

ただし、価格重視の方は、 DHC ビタミンC 60日分 120粒ディアナチュラスタイル ビタミンC 60日分 120粒【楽天24】[ディアナチュラ 栄養機能食品(ビタミンB2)]、 を2粒摂るのもよいでしょう。

 

 

 

www.yuu-chan0.net