【腸】腸は心臓にも劣らない重要な器官!!


 

腸内フローラは心臓にも負けず大事

 

ヒトの腸内には、なんと、一万種類以上もの細菌が住んでいると考えられています。(専門家のなかには、三万5千種類を超えるという意見もあります)

腸内細菌は、イースト菌、ウイルス、原生動物、真核生物などとともに、健康に重要な働きをしています。 とくに、神経系とともに働くキーマンが腸内細菌です。腸内細菌はすべて集めると、それだけで1.5-2kgほどの重さがあり、脳とほぼ同じ重さです。

消化管の中にある生態系が、体全体のシステムのほとんどをコントロールしています。腸内細菌の遺伝子が自分自身の遺伝子よりもはるかに健康状態に影響しているのです。 腸内フローラ(腸内細菌叢)は心臓や肺、脳と同様に独立した1器官に相当する働きをしています。

 

スポンサーリンク

 

腸の壁に住んでいる腸内フローラの働き

 

・栄養素の消化、吸収を助けます

 

・悪性の細菌(有害菌)、有害ウイルスや有害寄生虫などの侵入者に対し、自然のバリアを作ります。べん毛というスクリューを持つ細菌も存在し、ロタウイルスの侵攻を防ぎます

 

・「解毒」の働きがあります。腸内細菌は、感染症防止と、腸に侵入する毒素に対し防衛線の役割を担います。(解毒は主に肝臓でされますが、腸は第二の肝臓とも言えます)

 

・免疫系の反応に良い影響がある。(腸は、体内で最大の免疫系器官です)  さらに、腸内細菌は特定の免疫細胞をコントロールして、体が自分の組織を攻撃する自己免疫を防ぎ、免疫系を助けます

 

・体内で働く重要な酵素や物質、ビタミンや神経伝達物質を含む脳に必要な物質を作り、出します ・ホルモン(内分泌腺)のシステムへのはたらきかけ、ストレスを除く力を付けます ・良質の睡眠を促します

 

・「炎症」が伝わる経路を遮断します

 

スポンサーリンク

 

 

 

腸内細菌の担う役割の大きさがわかりますね!

逆に悪玉菌は、脳障害、精神疾患、がん、喘息、食物アレルギー、糖尿病、肥満、自己免疫疾患などのリスク要因にもなります。

 

今回は、こちらの本を参考にさせて頂きました。

「腸の力」であなたは変わる: 一生病気にならない、脳と体が強くなる食事法 (単行本)

 

最後までお読み頂きありがとうございました。 tulips-708410_1280.jpg