「ぬか漬け」は整腸剤☆決して塩の塊りではない!


最近、「減塩」と言われ、日本の伝統的な漬物がまるで、「塩のかたまり」で「塩分が多いからあまり食べない方がいい」と思われている人も多いかもしれません。

しかし、漬物=塩分と安易に考えることは惜しいです。 とくに糠漬けには食べた方が良い理由があります。

糠漬け.jpg

糠(ぬか)は栄養豊富!!

 

糠には、ビタミン、ミネラルなどの微量栄養素が豊富です。 糠漬けにすると、その糠の栄養素が漬けた野菜に移ります。

生のキュウリと糠漬けのキュウリを比べると、 糠漬けの方が、ビタミンB1は5倍、ビタミンB2は4.5倍にも増えます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

糠には乳酸菌がたくさん生きている!!

わずか2g程度の糠に2億以上もの乳酸菌が生きています。

 

 

疲れた胃腸には、きゅうりの糠漬けを

 

夏の暑さや疲れなどで胃腸が弱っている時には、糠漬けで胃腸を整えましょう! 糠にはビタミンB1が豊富なので 荒れた胃粘膜の修復に役立ちます。 またキュウリのビタミンCが疲労回復に役立ちます。

 

9V9A5894_TP_V.jpg

 

日本の伝統食、見直してみませんか?