「みりん風調味料」には塩分が入っている!


日本料理に欠かせない、「みりん」、どのような基準で選んでいますか?

e50m_7267.jpg

 

価格? 味? 製造元? また、みりんといっても、 「本みりん」や「みりん風調味料」、「みりんタイプ発酵調味料」と複数あるのはご存じでしょうか?  

 
 

どう違うの?

本みりん

→もち米と米こうじを、焼酎の中で、糖化、熟成させ、醸造用糖類を加えたもの。昔ながらの作り方。

 

みりん風調味料

→水飴、ブドウ糖や旨味調味料(グルタミン酸など)、酸味料、アルコールを混ぜて作った甘味調味料。 本みりんと比べて腐りやすいので注意が必要です。

 

みりんタイプ発酵調味料

→うるち米を米こうじで糖化、アルコール発酵させて、食塩、糖類及びアルコールを調合したもの。

 

本みりんとの違いは、もち米のかわりに、うるち米を使っていることと、食塩が入っていること。

 

 

この中で、本みりんは少しお高いですが、 「本みりん」を日常的に使うことをおすすめします!

みりん風調味料には、血糖値を上げるブドウ糖や、水飴が入っていますし、 みりんタイプ発酵調味料には、食塩が入っています!

糖尿病や高血圧ではもちろん、健康な方でも、知らず知らずのうちに糖や塩の摂りすぎになっているかもしれません。

おすすめの本みりんです↓↓

 


 

 

 

こちらの本を参考にしました。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。