【腸】腸を元気にする食事2 ~良いアブラ・腸を元気にする食品一覧~


 

www.yuu-chan0.net

 の記事の続きです。

 

腸内細菌叢(腸内フローラ)を改善するために、「食事」が最も大事です!! 食生活を変えれば、個人差はあるものの、早くて6日間で腸内フローラが大きく変化したという研究結果があります。

 

ポイント③ 炭水化物を減らし、良いアブラを摂る

穀物や炭水化物の過剰な摂取は、血糖値を上昇させ、体に毒になります! 昔と比べ、現代は、糖質が多く繊維質が少ないです。この食生活では、悪い細菌にエサをあたえ、 結果、免疫力を弱め、炎症を拡大し脳にまで達します。

 腸を元気にするためには、炭水化物を減らし、良いアブラを摂る必要があります。

良いアブラとして手軽に摂ることができるのが、オメガ3脂肪酸のえごま油や亜麻仁油です。光に弱いので、このように遮光瓶に入っているものがおすすめです。

 


 

コレステロールは体に悪い?

コレステロールは、体に不可欠なものです。 コレステロールは、神経細胞の機能に必須で、また、細胞膜の成分でもあります。さらに、抗酸化作用があり、ビタミンDステロイドに関係するホルモンなどを作るのに必要です。 脳は燃料源であるコレステロールを必要とするが、神経細胞自体はコレステロールをたくさん作ることができません。そこで血液から運ばれるコレステロールに頼ります。 コレステロール値が低いひとは、脳がうまく機能していないことがわかってきました。 コレステロール値が低いひとは、うつ病認知症などの神経系疾患のリスクが高いです。 また、閉経後の女性はホルモンの関係で、コレステロールが上昇しますが、特に問題はありません。

 

高脂肪の食事でやせる?

以下の3種類の食事のうち1種類を、1か月間、肥満症の人と太目の青年に食べてもらい、その結果を調べた研究があります

①炭水化物60%、脂肪20%、タンパク質20%の食事

②炭水化物40%、脂肪40%、タンパク質20%の食事

③炭水化物10%、脂肪60%、タンパク質30%の食事

①~③の総カロリーは同じですが、

③の低炭水化物、高脂肪の食事が一番カロリーを消費したのです。

 

太りにくい体をつくり、脳疾患のリスクを抑えるのに適しているのは、

低炭水化物+高脂肪」の食事です。

 

 

 

 

 ポイント④ 腸を元気にする食品一覧

野菜

青菜、レタス、ほうれん草、ブロッコリー、ケール、キャベツ、玉ねぎ、カリフラワー、芽キャベツアルファルファもやし、さやいんげん、青梗菜、かぶ、アスパラガス、にんにく、しょうが、きのこ

w840-a7b22beb32569034bf6d9e9cccf1df82.jpg ブロッコリー.JPG

 

低糖の実

アボカド、ピーマン、キュウリ、トマト、ズッキーニ、かぼちゃ、ナス、レモン、ライム

トマト.JPG w840-93c49d95b27fe1185ab6d7361d5a7122.jpg

 

発酵食品

ヨーグルト、果物や野菜のピクルス、キムチ、ザウアークラウト、発酵させた肉・魚・卵

N612_makkanakimuchi_TP_V.jpg

 

体に良い脂肪

エキストラ・バージンオリーブオイル、ごま油、ココナッツオイル、放牧で飼育された動物の脂 オーガニックまたは放牧で育った動物のバター、アーモンドミルク、アボカド、ナッツ、木の実バター、チーズ(ブルーチーズ以外)、種(アマニ、ひまわり、カボチャ、ごま、チアシード)

oil-822618_640.jpg

 

 

スポンサーリンク

 

タンパク質

全卵、天然魚(鮭、銀鱈、シイラ、にしん、いわし)、貝・甲殻類(海老、かに、かき、ムール貝)、放牧で育った動物の肉(牛肉、豚肉、子羊肉)、鶏肉、カモ 卵.jpg

 

ハーブ・調味料・香辛料

マスタード、西洋わさび、サルサソース(グルテンフリー、砂糖不使用) basil-583816_640.jpg

 

 

 

 

 腸を元気にする食品は一つではありません。複数の食品をご自分の好みや習慣に合わせて取り入れ、美腸を目指しましょう!!

 

こちらの本を参考にしました。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。