二日酔い防止に! ~アルコールに関わる栄養素~


 

忘年会や新年会、新人歓迎会、接待、友達と呑むなどなど、 大人の私たちは、お酒をのむ機会も多いでしょう。

PP_bear-thumb-autox1600-12584.jpg

 

せっかくお酒を呑むのなら、 次の日に二日酔い、、、、、 なんてことはなく、 楽しんで呑みたいですよね♪ もちろん、翌日の仕事や日常生活に支障が無いようにしたいですね♪

 

アルコールは腸ではなく、から吸収されます。 なので、空きっ腹にお酒を呑むと、急速にアルコールが吸収され、酔いやすいです。

 

二日酔い防止のためには、「空きっ腹で呑まない」ことです!

アルコールは、アセトアルデヒドに分解され、 アセトアルデヒドは、酢酸と水に分解されます。 アセトアルデヒドが分解されずに残っていると「二日酔い」の原因となります。

 

 

アルコールを分解する栄養素と、アセトアルデヒドを分解する栄養素にわけてご紹介します

 

アルコールの分解を助ける栄養素

 

ビタミンB1

アルコールの分解に必要 にらやにんにくに含まれるアリシンと摂取すると吸収がupする

★多く含む食べもの→うなぎの蒲焼き、たらこ、豚肉、玄米ごはん、大豆、胚芽精米、松の実、ヒマワリの種、ひらたけ、かぶのぬか漬け、大根のぬか漬け、菜の花など

 

タウリン

アルコールの代謝を促進し、肝臓の働きを高める

★多く含む食べもの→鯵、カレイ、たら、ぶり、マグロ、イカ、タコ、えび、かに、かき、ほたて貝、アサリ、しじみなど しじみにはオルニチンも含まれます

 

ADH(アルコール脱水素酵素

アルコールをアセトアルデヒドへ分解する

★多く含む食べもの→きゅうり、大根

 

オルニチン

アルコールの代謝を促進し、二日酔いを軽減する

★多く含む食べもの→しじみ、ひらめ、きはだまぐろ、えのきなど

 

 

アセトアルデヒトの分解を助ける栄養素

 

ナイアシン

アセトアルデヒドの分解を促す 体内でトリプトファンというアミノ酸60㎎からナイアシン1㎎が合成される(合成にはビタミンがB群が必要)

★多く含む食べもの→たらこ、春カツオ、鶏むね肉、豚レバー、しめじ、まいたけ、ひらたけ、まぐろ、いわし、さば、インスタントコーヒー

 

クルクミン

うこんの薬効成分。またターメリック(カレー粉)の色素成分。 アセトアルデヒドを酢酸と水に分解する

★多く含む食べもの→うこん、しょうが、マスタード

 

タンニン

アセトアルデヒドを体外へ排出する

★多く含む食べもの→柿  

 

その他

マグネシウム

アルコールの摂取で尿中排泄量が増える。アルコールを多飲する人や、ストレスの多い方は多目に摂るのがよい。 マグネシウムは、骨や歯の形成に必要で、また、体内のエネルギー代謝などの300以上の酵素反応に関係。

★多く含む食べもの→アーモンド、ひじき、大豆、木綿豆腐、栗、ほうれんそうなど

 

スポンサーリンク

 

 

お酒を飲むときには、 豚肉とにらのにんにく炒め、 きゅうりサラダ、 しじみ汁、 かつおのたたき、 きのこのカレー炒め、 うこん など を摂ると良いでしょう(^^♪

 

うこんはサプリメントで簡単に補給できます。

楽 天

 

 

もしくは、粉末のターメリックを料理に使っても良いですね。

楽 天

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ターメリックパウダー/100g
価格:344円(税込、送料別) (2017/1/26時点)