太らない! お菓子の食べ方


年末年始、太らないために。 初詣 餅つき おせち料理 正月の特番 実家へ帰省 初売り など楽しいイベントがたくさんありますね なかには、出かけずに、こたつの虫になり、食べては寝ての繰り返し… という人もいるかもしれません(笑)(去年の私です(笑)) そんなとき注意したいのが、正月太り! だらだらもしたいけど、太りたくはない そんな方に、食べ方の工夫について紹介します

 

スポンサーリンク

 

1.和菓子は血糖値が上がりやすい

  和菓子の材料は、お米や砂糖、小豆、いもなどが主で、”アブラ”がほとんど使われません。 和菓子はほとんどが糖質なので血糖値が上がりやすいのです。

 アブラには血糖値の上昇を緩やかにしてくれる働きがあります。

和菓子を食べる場合は、

☆ナッツを食べてからにする

☆くるみゆべしやゴマ団子などアブラを含む食材が使われたものにする

☆生野菜にオリーブオイルやアマニ油など上質なアブラをかけて食べてからにする

などの工夫ができます♪

※ナッツは油や塩が入っていない無添加のものがベストです

 

スポンサーリンク

 

2.桑の葉茶で血糖値の上昇を予防

桑の葉には血糖値の上昇を抑えてくれる働きがあります。 血糖値が上昇すると分泌されるインスリンには体脂肪を蓄積する働きがありので、 血糖値をできるだけ上げないことが大切です。 ティーパックよりも葉そのままが摂れる粉末タイプがおすすめです。

青汁 国産(鹿児島県産) 有機 桑の葉 100g(約50日分) 無農薬 無添加 オーガニック/健康商品の原料屋

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

PAK56_geisyuntai20141221165048_TP_V.jpg